⑱ドミネーションズ配置作り工程4 壁配置



基地壁を形作る:
真ん中に目印となる施設を置いたら、壁形を作っていきます。壁形の作り方にはいくつかのテクニックがありますが、今回は渦巻きを使用していきます。

トップページ - ドミネーションズ情報
トップページへはこちらから

カテゴリ一覧
攻撃情報 - ドミネーション攻略情報
防御情報 - ドミネーション攻略情報
兵力スペック情報 - ドミネーション攻略情報
コンテンツ比較情報 - ドミネーション攻略情報
シリーズ情報 - ドミネーション攻略情報

渦巻き壁の作り方:

写真のように、中心の施設の周りを壁で回して、

渦巻きを作りながら、アクロポリスを中に入れて(アクロポリスが基地内にないと、戦車系を基地内の範囲に入れられないため)、



中心の施設が2重壁で守られたくらいまで巻きます。

その後、必ず角を開けて誘導路を作ります。角を開けると、 相手が面出ししてきた時に、AI(兵の自動の動き)が基地の角に吸い込まれて、相手兵が消滅しやすい状況になるためです。詳しくは、"今一番強い基地"という記事を書いたのでこの記事を読んでください。
角に誘導路を開ける壁数のトレンドは、1つです。理由は、有刺鉄線を踏む面積を増やすことが出来て、壁で守る面積も多いからです。これは最新の情報です。ここまでが基本です。

壁形を作成しました。ここでは、全方位均等な防御になるか、相手兵がどういうルートで通るかを考えて壁形を作ります。相手兵が穴あきに誘導されるところ以外は、壁で守れるように考えて作ります。ここはオリジナリティが出ます。

必ず、有刺鉄線を穴あきの位置に置きます。これが基地の生命線です。穴あきは、4個又は8個がおすすめです。そうすると、有刺鉄線を全方位均等に並べやすいです。

基地作り工程の続きはまた書きます(*´ω`*)
追記:壁形結構甘いので、今後の記事で改良してまた載せますm(_ _)m


トップページ - ドミネーションズ情報

カテゴリ一覧
攻撃情報 - ドミネーション攻略情報
防御情報 - ドミネーション攻略情報
兵力スペック情報 - ドミネーション攻略情報
コンテンツ比較情報 - ドミネーション攻略情報
シリーズ情報 - ドミネーション攻略情報